スポーツによるケガや痛みでお悩みの方へ


スポーツによるケガや痛みで悩まれている方も多いかと思います。

 

バークレー整形外科スポーツクリニックでは、医師による診察、薬の服用に関する的確なアドバイスや理学療法士による個別に合わせたリハビリテーションで症状改善に繋げます。

 

このページでは、スポーツ中・後に痛みが現れる代表的な病気の症状、原因、病態、治療方法などを紹介していきます。

 

「スポーツ中にケガをした」「スポーツ中は大丈夫だけど、終わった後に痛みある」など気になる方は、当院へお越しください。

 

症状やケガからの回復、再発予防に取り組み、より笑顔で健康な生活のお手伝いをいたします。

 

※正式な原因や治療方法を判断するには医師による診察が必要になります。
あくまで目安としてお読みください。

 

 

【肩や肘が痛い】
投球障害肩
離断性骨軟骨炎

 

【腰が痛い】
腰椎疲労骨折

 

【膝が痛い】

前十字靭帯損傷
半月板損傷
オスグッド・シュラッター病

 

【太ももが痛い】
肉離れ

 

【すね〜足首が痛い】
シンスプリント
脛骨疲労骨折
ジョーンズ骨折
アキレス腱炎

 

 

投球障害肩

とうきゅうしょうがいかた

【症状】

野球の投球動作のほか、テニスやバレーボールのサーブなど腕を大きく振る動作で肩に痛みが生じます。
損傷の部位によって、肩の前方または後方、二の腕あたりに痛みが生じます。

【原因・病態】

繰り返す過度な動作が原因となることがあります。
また、体幹や股関節、肩甲骨周囲の柔軟性不足、筋力低下による不適切な動作フォームが原因となることも多く、様々な身体部位の要因が絡んでいます。

投球障害肩の病態は多岐に渡ります。主要な病態を紹介します。

 

・インピンジメント症候群
【症状】
肩を挙げていくと、途中で痛みや引っかかりを感じ、それ以上、肩を挙げることが難しくなります。
【病態】
肩を使うたびに肩の骨と靭帯、筋肉が擦れ、炎症が起こることで痛みが生じます。

 

・腱板損傷
【症状】
痛みで腕が挙がらない、腕を下ろす時にも痛みが走る。夜、痛みで目が覚めるなどの症状が現れます。
【病態】
肩の中にある4つの筋肉の腱の複合体のことを腱板(けんばん)と言います。その腱板が骨から剥がれたり、破れることで痛みが生じます。

 

・リトルリーグショルダー(上腕骨骨端線離開)
【症状】
投球中、投球後に肩の痛みを訴えます。
【病態】
成長期の投球障害であり、過度の投球動作による負荷で上腕骨の成長軟骨(骨端線)の離開が起こって痛みが生じます。

 

【治療・対処】

炎症期など痛みの強い時期は投球動作を控えて患部の負荷を減らします。
肩の痛みを発生させている部位を評価し、ストレッチ、筋力増強訓練などを行います。また、個別の身体特徴に合わせて体幹、股関節など肩以外で投球動作に影響を及ぼす部位の機能改善も行います。

 

 

 

離断性骨軟骨炎

りだんせいこつなんこつえん

 

腰椎疲労骨折・分離症

ようついひろうこっせつ・ぶんりしょう

 

【症状】

運動中や長時間同じ姿勢でいる時に腰痛を感じることが多い。また、腰を後ろに反らせたり、捻ったりすると痛みが誘発される。安静時には痛みがないこともある。

 

 

【原因・病態】

一度の強い衝撃が加わって骨折してしまう通常の骨折とは異なります。同一部位の骨に繰り返し負荷が加わり、その負荷による軽い損傷が積み重なって骨折が起こります。

疲労骨折はあらゆる年齢で発症しますが、骨や筋力などの発育の問題から、成長期に多くみられます。

お尻や太ももなどの筋肉が硬くなり、腰の負担に影響していることも多い。

骨折が進行すると、骨折部が離れ “腰椎分離症” となります。

 

【治療・対処】

疲労骨折が生じた部位に負担をかけないことが重要となります。MRI検査やレントゲン検査にて定期的に状態を確認しながらリハビリテーションにて復帰を目指していきます。難治性の場合は手術療法の適応となることがあります。骨折の部位によってはコルセットによる保護やギプス固定を行うこともあります。

リハビリテーションでは患部の治療だけでなく、疲労骨折を発生させる原因となる全身の柔軟性、筋力のバランスなども含めて対応します。

当院では、超音波治療器(LIPUS)を導入しており、リハビリテーションと併用して治療を行います。LIPUSは骨折の治癒期間改善に影響する医療機器です。

 

 

 

前十字靭帯損傷

ぜんじゅうじじんたいそんしょう

 

【受傷の状況】

膝のスポーツ外傷の中で多いけがです。

バスケットボール、器械体操、バレーボール、ハンドボールなどの減速動作の多い種目で、ジャンプの踏み切り時、ジャンプ後の着地時、急停止時、急な方向転換時に膝に過度な負担がかかって生じます。

また、ラグビーやサッカー、柔道などコンタクトスポーツにおいて、相手選手にタックルなどを受け、膝を捻って受傷します。

 

【損傷すると・・】

受傷時に痛みとともにブツッと断裂音を体感することが多い。受傷直後は立つこと、歩くことが困難になることが多く、数時間以内に関節の腫れが生じます。

 

【受傷後の経過】

受傷後1ヶ月ほどすると、膝の曲げ伸ばしや歩行ができるようになり日常生活には支障をきたさなくなることがほとんどですが、それは、損傷による炎症が落ち着いたにすぎず、靭帯は切れたままです。そのため歩行中に膝がガクッとくずれたり、スポーツ活動に支障がでてきます。

また、断裂した前十字靭帯は自然修復することは稀であり、そのまま放置していると、関節の軟骨や半月板が傷つき、早期に変形性膝関節症に発展することもあります。

診断は、医師による徒手検査が重要です。補助診断としてMRIが役に立つことが多いです。

 

【治療】

損傷した前十字靭帯はギプス固定などでは治りません。

 

◯保存療法

関節が固くなるのを予防するため、関節の曲げ伸ばし訓練を行ったり、筋力増強運動を行います。全身のバランス能力や膝関節以外の部位のリハビリテーションを行っていきます。

軽いジョギングや水泳などは可能となりますが、靭帯は切れたままであるため、全力疾走やジャンプ動作は二次的損傷の予防のため推奨されていません。

 

◯手術療法

スポーツ復帰を考えた場合、手術療法をお勧めします。

膝周囲の腱を採取して、靭帯を再建する方法が一般的に行われます。

手術後はリハビリテーションがとても重要です。

 

 

Q:入院期間はどの程度ですか?

 

A:手術前後で約1週間の入院が必要になります。

 

 

 

Q:手術後のリハビリテーションはどの程度の期間が必要ですか?

 

A:手術後の目標によっても変わりますが、スポーツ復帰までは約7ヶ月〜 10ヶ月のリハビリテーションが必要となります。

 

 

 

 

Q:どのようなリハビリテーションが行われますか?

 

A:手術後の膝の状態、時期に合わせて段階的に進めていきます。

手術した膝関節の可動域、筋力の回復を中心に反対側の膝関節やその他の身体部位の状態も評価しながら全身的なパフォーマンスを高めていきます。

また、再損傷予防も重要な課題となりますので、個別性に合わせた様々なリハビリテーションを行なっていきます。

 

 

 

 

 

半月板損傷

はんげつばんそんしょう

【受傷の状況】

◯スポーツ外傷

膝のスポーツ外傷の中で多いけがのひとつです。

膝を捻って損傷することや靭帯損傷に伴って損傷することが多いです。

 

◯中高年の場合

些細な動作で損傷することがあります。

例えば、起床時に立ち上がろうとした、横断歩道などやや早めに歩こうとした、急いで階段を昇り降りをしたことで損傷することがあります。

 

【損傷すると・・】

歩行中や階段昇降、しゃがみ込み動作で痛みを感じたり、膝の曲げ伸ばしで引っかかり感を感じることが多くなります。損傷程度によっては、損傷した半月板が挟まりこんで膝が屈伸できなくなる「ロッキング症状」を起こし、日常生活に支障をきたすことがあります。

 

【治療】

半月板の損傷の程度、種類、その他症状などにより、保存療法(手術以外の治療)、手術療法があります。

 

◯保存療法(リハビリテーション)

半月板の損傷が小さく、痛みが少ない場合に3ヶ月程度の保存療法を選択することがあります。

関節が固くなるのを予防するため膝の曲げ伸ばし運動、筋力増強訓練、二次的損傷予防のため膝関節以外の部位のリハビリテーション、全身バランス運動などを行います。

 

◯手術療法

長引く痛みや膝の曲げ伸ばしに制限がある場合、ロッキング症状がある場合にお勧めします。

手術療法には半月板切除術と半月板縫合術があります。

手術後はリハビリテーションがとても重要となります。

 

【手術後のリハビリテーション】

◯半月板縫合術

手術後は縫合した半月板の保護のため、段階的に体重をかけていきます。

修復した半月板の大きさにより荷重制限期間が変わってきます。

約3〜6週間の荷重制限期間があり、その間は松葉杖を使用しながらの生活となります。

膝の曲げ伸ばし角度の改善、筋力の改善を中心に段階的にリハビリテーションを進めていきます。

 

◯半月板切除術

荷重制限期間はなく、痛みに応じて体重をかけていきます。

腫れに注意しながら段階的にリハビリテーションを進めていきます。

 

 

Q:入院期間はどの程度ですか?

 

A:手術前後で約1週間の入院が必要になります。

 

 

 

Q:具体的にはどのようなリハビリを行うのですか?

 

A:理学療法士が専属担当となり、個別の状態に合わせてリハビリを進めていきます。膝関節の動きの改善から始まり、歩行、階段昇降、ジャンプ動作、ストップ動作、ステップ動作などの各種動作練習を行います。手術した膝だけでなく、反対側の膝関節やその他の身体部位の状態も評価しながら全身的なパフォーマンスを高めていきます。

併設のメディカルジムにて筋力増強訓練、有酸素運動も組み合わせていきます。

 

 

Q:手術後のリハビリテーションはどの程度の期間が必要ですか?

 

A:手術の種類、手術後の目標によっても変わりますが、スポーツ復帰までは約3〜5ヶ月のリハビリテーションが必要となります。

 

 

 

 

 

オスグッド・シュラッター病

【症状】

スポーツをする成長期の年代によく発症し、膝の下が痛くなったり、骨が突出してきます。時に赤くはれたり、熱を持つこともあります。一般的には成長痛と呼ばれたりもします。

 

【原因・病態】

骨の急激な成長に、筋肉の成長が追い付かず、膝の成長軟骨が筋肉で引っ張られて炎症を起こしたり、剥がれてしまうことで発症します。

運動を繰り返すことで、さらに軟骨に牽引力がかかり、痛みが出てきます。

 

【治療・対処】

患部の運動負担を減らすことが必要になってきます。

それと同時に個別の身体特徴に合わせたリハビリテーションが治療の中心となります。

 

Q:スポーツは続けても良いですか?

 

A:痛みが強い時期はスポーツを避けます。その間、個別に身体特徴に合わせたリハビリテーションに取り組むことがお勧めです。痛みがなくなればスポーツ復帰が可能です。

 

Q:どのようなリハビリテーションが行われますか?

 

A:運動中に膝への負担が集中しないように、個別の身体特徴に合わせて硬くなっている筋肉のストレッチ指導、姿勢やスポーツ競技特有の動作の指導を行います。また、症状に応じて超音波治療や電気治療なども併用し症状の改善を図ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

肉離れ

にくばなれ

 

シンスプリント

 

脛骨疲労骨折

けいこつひろうこっせつ

 

ジョーンズ骨折

 

アキレス腱炎

アキレスケンエン